模型工房 立山車輌公式ブログ

ご覧いただきありがとうございます。ツイッターなどを中心に活動しているAzroです。鉄道旅やNゲージを中心に載せていきます。

立山車輌グレードアップチューン第一弾! 阪急6354F~京とれいん~

こんにちは、Azroです。

今回は立山車輌として記念すべき初のグレードアップチューンドカーを紹介させて頂きます。

タイトルにもありますが、阪急電鉄6300系6354F京とれいんです。

この車両はNゲージの中では一番お気に入りで大切にしている車両です。

好きだからこそ、自分が納得がいくまで手を加えようと思いました。

実は現段階で既にある一定段階までいくつか車両をグレードアップしてますが、その原点ともいえる車両です。

ちなみに導入したての頃に書いた記事が偶然にも残ってましたので、良ければこちらからご覧ください。(ガキの頃に書いたのでかなり幼稚な文章です)

rinjiasama200.hatenadiary.jp

話を変えて、最近まさかのまさかでKATOから京とれいんが発売され話題を呼んでいます。さらに鉄コレと同じようにすぐ完売という・・・。

ここで簡単に鉄コレとKATOを比べると、どちらも5分5部だと思います。

ここで良点と難点を自分なりにまとめると、

KATOの良点は念願の小窓が開いたこと、ヘッドライト、テールライトが点灯すること、室内灯が入れやすいこと、鉄コレの相場に比べ、価格が安いこと、阪急特融の光沢が再現されてること、鉄コレの良点はKATOと違い実車と寸法が合っていること、造形がKATOよりリアルなこと、標識灯にレンズが入ってることだと考えております。

逆に難点はKATOの場合、標識灯が塗装表現なこと実車と寸法が合っていないこと、タイプモデルなので、3号車、4号車のボックスシートが再現されてないことだと思います。鉄コレは言うまでもなく、ライトをつけない前提で作られていること、相場が高いこと、艶がないことだと思います。

ならば、鉄コレを改造し、欠点をなくしてしまおう!と考えました。と言いたいところですが、本当は改造途中にKATOから発売されるという発表を見ただけですw

ちなみに改造は時間があるときにちまちまと行ったので完成まで2年くらいかかってます。

では、実際に京とれいんを見ていただきましょう。

こちらです!

 f:id:AzroRuc:20160627023806j:image

 では、改造工程を簡単に紹介します。

1.ジオマト製 京とれいんグレードアップパーツ詰め合わせで車番インレタ貼り付け

2.グレードアップパーツ(ジオマト製、レールクラフト阿波座先頭車床下パーツセット)塗装

3.京とれいん車体の艶出し作業(Mr.スーパークリア+タミヤコンパウンド各種)

4.グレードアップパーツの取り付け

5.ライト点灯化改造

6.室内灯取り付け

7.クーラーメッシュ取り付け、座席塗装(予定)

 

動力はKATO製で、座席は塗装しています

f:id:AzroRuc:20160627023834j:imageパンタがずれててすみません・・・

やっぱりKATO製動力はいいですね。

鉄コレと違い、走らせても室内に違和感がありません。

これからは極力鉄コレにはKATO動力を使おうと思いました。

こだわりを紹介していきます。

f:id:AzroRuc:20160627023858j:image

①屋根

やっぱり阪急は黒寄りのグレーが一番引き締まってかっこよく見えます。

Mr.カラーのジャーマングレーで塗装してます。

ちなみに床下も塗装してみました。なんとなく引き締まった感じがします。(写真は分かりずらいので割愛)

f:id:AzroRuc:20160627023954j:image

②光沢

これなしでは阪急の模型は語れません。光沢、鏡面加工は正直慣れないと難しいし、時間と労力が半端ないです。ただ、これをやってこそ阪急の模型はかっこよくなるし、丁寧にやればなんとかなる可能性は高いと思います。(100%保証はできませんが)

鏡面加工やってみたいかな?とすこしでも思ったら、模型屋、通販へGO!

鏡面加工に使用する道具のリンクを貼っておきます。

Mr.スーパークリアー スプレー 光沢 B513

タミヤコンパウンド(細目)

メイクアップ材 タミヤコンパウンド 仕上げ目 87070

タミヤメイクアップ材シリーズ No.90 タミヤ・コンパウンド用クロス (3色セット) 87090

③室内灯

この室内灯は自作品を取り付けております。

中でも京とれいんは少し特殊な色を採用しておりまして、仏壇などに使われてるロウソク色LEDを搭載しております。

実車の京とれいんも似たような独特な色の室内灯を採用しております。

電球色を搭載してる車両と差別化を図るため、かなりLEDにしては珍しく、高価なロウソク色を採用しました。

グレードアップチューンを施した京とれいん、いかがでしたか?

たま~にどこかで走らせてます。さらにツイッターでたまに走らせる日を公開するので見てみたい方は@AzroRucをチェックしてみてください。

今のところの予定では、66系、阪急5128F、6330Fにも同じような改造を施せたらいいなと考えております。中でも6330Fは中間車4両はKATO製なのでそちらの改造記も書けたらいいなと考えております。

では、今回はこの辺で。